« UPDATE1: 東京株式市場・前場=7日ぶり反落、円高で利益確定売り | トップページ | ガイシのトップに学ぶリーダーシップとキャリアパス »

UPDATE2: クレジット市場動向=鹿島<1812.T>SBに売り気配、CDS指数141bpで取引成立

<対国債スプレッド>

政保債(地方公)10年 4.0─4.5bp 銀行債(みずほ)5年 26─27bp

地方債(都債) 10年 8.0─8.5bp 電力債(東電)10年 13─14bp

--------------------------------------------------------------------------------

 [東京 9日 ロイター] 一般債市場では、鹿島(1812.T: 株価, ニュース, レポート)<0#1812=JFI>の国内普通社

債(SB)に売り気配が観測された。水準は第28回債(償還2012年2月)でLIB

OR(ロンドン銀行間貸出金利)プラス140ベーシスポイント(bp)。市場では、ド

バイショックや商業不動産市況の値下がりによる悪影響を懸念した売りが出ているとの見

方が出ている。

 クレジット・デフォルト・スワップ(CDS)市場で指標となるiTraxx

Japanシリーズ12ITJJP5Y=GFのプレミアムが141bpと、8日の取引と比べて

5bpワイドな水準で取引された。8日の米株式市場が軟調だったことに加え、9日の

東京株式市場で日経平均.N225が一時1万円を割り込むなどさえない展開になったこと

を材料視した。マーケットでは、2009年7─9月期実質国内総生産(GDP)の2次

速報値が1次速報値から大幅に下方修正されたこともワイド化の要因とみている。

 

 市場関係者によると、鹿島SBのオファーについて流通実勢に比べてややタイトな水

準とみられている。今週の取引では、SBの品薄感を背景に鹿島SBにビッドが入る場面

もあったが、ドバイ問題に加えて、商業不動産市況の値下がりなどで建設・不動産セクタ

ーを取り巻く環境に厳しさを増していることが売り圧力につながった。

 鹿島はドバイワールド[DBWLD.UL]の工事を請け負っていないことから直接の被害はない

との見方もあるが、業界全体が受けるダメージを踏まえると、同社に対する影響は避けら

れず「年末にかけて信用不安がくすぶる中、投資家にリスクをできるだけ外しておきたい

との思惑があるようだ」(国内金融機関)との声が出ている。

 <日本ソブリンCDS、67bpで取引成立>

 日本ソブリンのドル建て5年が67bpで取引された。プレミアムは8日の気配(60

─67bp)に比べて、ワイドな水準。「財政規律のあいまいさを背景に信用リスクを回

避するプロテクションの買い圧力が高まった。海外要因としてはドバイの債務問題が見通

しにくいこと、米格付け会社フィッチが8日に財政悪化を理由にギリシャの国債格付けを

引き下げたことが材料視された」(銀行系証券)との指摘があった。もっとも、年末を控

えて海外勢の動きが鈍っているため、取引は低調だった。

 

 個別では大和証券グループ本社(8601.T: 株価, ニュース, レポート)<0#8601=JFI>が135bpで出合った程度。

「ビッド水準で取引されており、ややタイトな水準」(外資系証券)との指摘があった。

 <CP発行総額は2000億円程度>

 

 CPの発行総額は2000億円程度となった。発行レートは横ばい。a1格のパルプ・

紙が60億円(12月下旬期日、0.13%近辺)、a1+格の電気機器が300億円

(2010年2月中旬期日、0.12%近辺)、a1格のその他金融が30億円

(2010年2月上旬期日、0.13%台前半)などの発行が観測された。

 

起債情報は、をダブルクリックしてご覧下さい。なお、契約によっては、

  ご覧頂けないこともあります。

オピニオン 携帯電話開発経験 MMF MDF 料飲店業界 バー ナイトクラブ 主要人物 対人関係 タフネス 大規模店舗 ブティックスタッフ 外資製薬会社 電話面談 医療用医薬品企業 スケーリング 現地採用案件 タッチパネル 携帯端末開発 IBU 概念設計 プロセスシステム 物質収支 熱収支作成 ラインサイジング データシ 受注生産型機械 改造設計 客先折衝 受注生産 追加機能 現地試運転 システムアドミニストレーション アクティブディレクトリー テレビメディア 媒体管理 広報担当者 オンラインコンテンツ 展示材料 アイ 商品掲載記事 商品撮影 レポーター 交通費支給 資材調達計画業務 調達戦略立案 予算設定 出版企画立案 著者管理 部内管理 八雲恵美子 高井剛 冬月ひなの 皆藤愛子 竹発史郎 結城貢 仲根ゆま 堀越みく 金山一彦 有島一郎 梅垣義明 赤羽ゆり 大門賢二 船越英里子 おりも政夫 堺左千夫 五十嵐舞 金沢碧 千堂あきほ 片桐ゆう 阿部力 藤井里奈 仁和令子 海保エミリ 小松美幸 清原りょう 小森美王 内田朝雄 坂井真紀 桜井あかね 武智大輔 福井晶一 内田健介 木匠マユリ 田丸麻紀 飯田麗子 小野妃香里 宮藤官九郎 滝沢秀明 前原一輝 美花ぬりぇ 雪野小春 若槻尚美 中山エミリ 武正忠明 神田ねおん 加勢大周 たかなし愛 たかとりじゅん 北川もも

|

« UPDATE1: 東京株式市場・前場=7日ぶり反落、円高で利益確定売り | トップページ | ガイシのトップに学ぶリーダーシップとキャリアパス »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: UPDATE2: クレジット市場動向=鹿島<1812.T>SBに売り気配、CDS指数141bpで取引成立:

« UPDATE1: 東京株式市場・前場=7日ぶり反落、円高で利益確定売り | トップページ | ガイシのトップに学ぶリーダーシップとキャリアパス »