« 来週の相場展望:外資系証券が来年の勢いづけを狙う「棹尾の一振」=犬丸正寛 | トップページ | 家電量販業界、「買い材料」の多い10年度の見通しは明るい、との見方(外資系証券筋) »

証券各社:アジア重視、欧米に対抗 現地企業と連携急ぐ

 <世の中ナビ NEWS NAVIGATOR>

 大手証券各社がアジア事業の強化を急いでいる。国内市場で大きな成長が見込めない中、アジア市場の成長力を取り込むのが狙いだ。ただ、欧米の大手投資銀行に比べると出遅れも目立っており、事業展開をスピードアップするために現地企業と連携するケースが目立っている。

 みずほ証券は21日、マレーシアの大手投資銀行「メイバンクインベストメントバンク」との業務提携を発表した。現地では自動車や電機などの大手日本メーカーが生産拠点を展開しているが、今後の投資に向け、現地での資金調達ニーズが高まっているという。「イスラム圏のマレーシアは独特の商慣行があり、現地の投資銀行と連携した金融事業の展開が不可欠」(みずほ証券広報)と言い、社債発行やM&A(企業の合併・買収)などをサポートする。

 アジア重視を掲げる大和証券グループ本社も11月下旬にベトナムのサイゴン証券とベンチャー企業に投資するファンドの共同設立で合意。投資案件の発掘を進めており、投資先が決まり次第、運用を始める。

 一方、野村ホールディングスは旧リーマン・ブラザーズのアジア部門の買収効果で、アジア地域の株式市場での取扱高が大幅に増加。今年7月にはインド国営の生命保険会社ライフ・インシュアランス・コーポレーション(LIC)の資産運用子会社と資本業務提携で合意した。

 ただ、アジアでは米ゴールドマン・サックスなど欧米投資銀行が先行しており、「日本の証券会社が食い込むのは容易ではない」(外資系証券幹部)との見方もある。現地企業との連携強化が海外での競争力強化のカギを握りそうだ。【工藤昭久】

CDMA OSPF IKE 保険商品 シニアスタッフメンバー チー 戦略遂行 トランザクションシステム 受配電設備 一般計装設備 停電作業 施工受領書 工事完了報告書 保全改善 アンダーライティング 顧客会社 同社社長 ハドソン アドバイザーズ LLC 不良債権回収会社 組合対応 ヘッドカウント チェコ トルコ マンツーマンインストラクター 語学試験 マンツーマン 社内外書類作成 備品発注 伝票処理 書記庶務業務 アットホーム 努力次第 派遣終了後 輸出通関業務 確認申告書 NACCS 入力輸出申告 統計品目番号 税関対応 申告内容 通販商品 返品処理 仕様計画図書 輸出申告 各種交渉 納期調整含 危険物施設 岩手県久慈市 小木逸平 垂水悟郎 久保菜穂子 河合メリージェーン 市田ひろみ 笠木彩花 秋菜楓 荒井乃梨子 松井誠 小山明子 波瑠 藤城なの 女池さゆり 本仮屋ユイカ 滝沢美鈴 立花直樹 大沢瞳 桃井りか 黒崎あかり 目黒幸子 沢田ゆう紀 佐山愛 持田茜 加藤紀子 山本圭一 稲葉雪乃 畑中パイン 志賀廣太郎 江成正元 わかぎゑふ 黒崎輝 高畑信之 広瀬奈緒美 仲村瑠璃亜 原ひさ子 真木あんな 田村麻里江 月嶋りお 佐藤あい 辻本賢人 比佐一成 水野いつき 萩尾みどり 小林勝也 本山可久子 紅萬子 三里ゆりか 高岡良平 佐伯静香 河愛杏里

|

« 来週の相場展望:外資系証券が来年の勢いづけを狙う「棹尾の一振」=犬丸正寛 | トップページ | 家電量販業界、「買い材料」の多い10年度の見通しは明るい、との見方(外資系証券筋) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 証券各社:アジア重視、欧米に対抗 現地企業と連携急ぐ:

« 来週の相場展望:外資系証券が来年の勢いづけを狙う「棹尾の一振」=犬丸正寛 | トップページ | 家電量販業界、「買い材料」の多い10年度の見通しは明るい、との見方(外資系証券筋) »